SSブログ

四万六千日(しまんろくせんにち) [駄句 夏]

四万六千日探しあぐねし遊女の碑    Labyrinth
(しまんろくせんにちさがしあぐねしゆうじょのひ)


副季語に  六千日さま(ろくせんにちさま)  十日詣(とおかまいり)
                 鬼灯市(ほおずきいち)  酸漿市(ほおずきいち)


七月十日、観世音菩薩の結縁日(けちえんび)。
この日に参詣すると、四万六千日分の御利益があると言う。
東京浅草観音が特に有名で九、十日境内に鬼灯を売る市が立って賑わう。


因みに、
今時は 「晩夏」とされているようですが?
うちの歳時記「合本俳句歳時記 新版 角川書店編」では「秋」の季語になっておりました。


ところで、この句は実話です (~_~;
俳句大会用に予め下見をしたのですが、その時は あ~ハイハイ と流して?
そして大会当日、
初めての方を案内してね と言われ、あ~ハイ と軽く言ったまでは良かったのですが…
張り切り過ぎたのか?はたまた緊張し過ぎなのか?(爆)
在るべきものが見えなくなってしまった!? というお粗末・・・(汗)

あの日以来 “遊女の碑” を探し続けておりまする。(ウ^_^ソ)

nice!(31)  コメント(0) 

はなしようぶ・はなしやうぶ(花菖蒲) [駄句 夏]

朽ちかけし築地そびらに花菖蒲       Labyrinth
(くちかけしついじそびらにはなしょうぶ)


副季語に  白菖蒲  黄菖蒲  野はなしやうぶ
      菖蒲田  菖蒲園  菖蒲見


水辺や泥湿地に栽培され、濃紫、薄紫、白、しぼりなど多種多様。
大型で、艶麗な花が姸を競う。
堀切系、熊本系、伊勢系に大別される。
高さ六十~八十センチ。
葉は隆起した中脈をもつのが特徴。

nice!(29)  コメント(0) 

きんぎよ(金魚) [駄句 夏]

老いか気か夫の繰りごと金魚愛し       Labyrinth
(おいかきかつまのくりごときんぎょはし)


副季語に  和金  蘭鋳(らんちゆう)  琉金  出目金  獅子頭  銀魚


夏の鑑賞魚。
緋鮒の変種で、もと中国から輸入され、今はさまざまな種類が作り出されている。
縁日の夜店などで子供たちに人気がある。  

nice!(32)  コメント(0) 

おとしふみ(落し文) [駄句 夏]

ガランスの差す巻き緩き落し文       Labyrinth
(がらんすのさすまきゆるきおとしふみ)


副季語に  鶯の落し文  時鳥の落し文


栗・くぬぎ・楢の木などの葉を巻いて、その中に、
赤褐色の1センチくらいの甲虫(ゾウムシの一種)が卵を生み込む。
その筒状の巻き葉の落ちているのを鶯の落し文とか、時鳥の落し文などと呼ぶ。
                   (合本俳句歳時記 新版 角川書店編)

ガランス garance(仏語) 植物の茜 (あかね)のこと。 茜色。やや沈んだ赤色。

“日美” で、村山槐多を特集してました。
若い頃は、よく鑑賞もせずに!?
ただ 嫌い! 美しくない! と拒否反応を示す私めでしたが
先日は何故か、その激しさの中に “美” を見出せたような気がして不思議な気分なのです。
しか~し、好きになったわけではございませぬ… ( ´艸`)

nice!(34)  コメント(2) 

はまひるがほ(浜昼顔) [駄句 夏]

恋多き夭折の画家はまひるがほ       Labyrinth
(こいおおきようせつのがかはまひるがお)


副季語はナシ


海岸の砂地に見られるヒルガオ科の多年草。
五月ごろ、昼顔の花によく似た淡紅色の花が上向きに咲く。  

nice!(26)  コメント(0) 

ひるね(昼寝) [駄句 夏]

テンガロンハット目深に三尺寝      Labyrinth

(てんがろんはっとまぶかにさんじゃくね)


副季語に  三尺寝  昼寝起  昼寝覚


酷暑の折は疲労が激しく、睡眠不足になるので、午睡が奨励される。
職人や大工などが、仕事場で短時間寝るのを三尺寝という。
三尺にも足らぬ足場や材木の上でねるという意味と、
日陰が三尺動く間だけ昼寝を許されるという意味から来た言葉だという。
               (合本俳句歳時記 新版 角川書店編)

nice!(29)  コメント(0) 

かみなり(雷) [駄句 夏]

真夜中の雷一声で去りにけり       Labyrinth
(まよなかのらいひとこえでさりにけり)


副季語に  雷(らい)  いかづち  はたたがみ  雷鳴(らいめい)  遠雷
      疾雷(しつらい)  雷雨  落雷  軽雷(けいらい)  日雷(ひかみなり)


積乱雲によって起き空中の放電現象。
俗に地震・雷・火事・親父といって、雷はこわいものの一つ。

nice!(29)  コメント(0) 

つゆ(梅雨) [駄句 夏]

荒梅雨の夕べ鋭き鳥の声       Labyrinth
(あらづゆのゆうべするどきとりのこえ)


副季語に  梅雨(ばいう)  黴雨  荒梅雨  梅雨じめり  
      走り梅雨  迎え梅雨  送り梅雨


六月十一、二日の入梅の日からおよそ三〇日間のじめじめした霖雨またはその時季をいう。
揚子江流域とわが国特有のものであるが、北海道ではあまり明らかでない。
大体南からはじまって北に移ってゆく。→入梅 (合本俳句歳時記 新版 角川書店編)


nice!(36)  コメント(0) 

ほととぎす(時鳥) [駄句 夏]

フェアウェイの小雨に煙る時鳥       Labyrinth
(ふぇあうぇいのこさめにけむるほととぎす)


副季語に  子規(ほととぎす)  杜鵑(ほととぎす)  蜀魂(ほととぎす)
      杜宇(ほととぎす)  不如帰(ほととぎす)  山時鳥


杜鵑科中いちばん小型で、背面は暗灰色、風切羽はやや褐色、
背と翼に青緑色の光沢があり、尾羽には黒色の地に白斑がある。
五・六月頃渡ってきて、低山帯から高山の林に棲息し迅速に飛ぶ。
卵を鶯などの巣に託す習性がある。
昼夜の別なく一種気魄のある鳴き方をする。
「てっぺんかけたか」、「本尊かけたか」、「特許許可局」、
その他いろいろに聞こえ、方言も多い。
古人は帛(きぬ)を裂くようだといったが、さほど烈しい声ではない。禁鳥。
                (合本俳句歳時記 新版 角川書店編)

nice!(32)  コメント(0) 

かみなり(雷) [駄句 夏]

聴き紛ふ自衛隊機よ遠雷よ       Labyrinth
(ききまがうじえいたいきよえんらいよ)


副季語に  雷(らい)  いかづち  雷鳴  遠雷  軽雷  落雷
            雷雨  日雷(ひがみなり)  はたた神


積乱雲によって起こされる空中の放電現象。
普通、雷光・雷鳴・豪雨を含めた現象が雷である。夏に最も多い。
晴天の雷、夜陰の電光、暁の雷雨、夕立前の遠雷等々、
その趣は変化が多く、ときに落雷で火災を起こす。
                  (合本俳句歳時記 新版 角川書店編)


nice!(32)  コメント(0)